国際資源ビジネスサミット(J-SUMIT)

About This Page


It seems that J-SUMIT was a convention about the industry of the scale
which is unprecedented until now, and was very useful in Japan.
There were about about 2000 participants.
I think that record of holding will be handed down to future
generations for development of future mining.

国際資源ビジネスサミット
(J-SUMIT)開催について


J-SUMITは、日本では今までに前例のない規模の、工業に関する大会であり、
大変有益であったようです。およそ2000名ほどの参加者がありました。
今後の鉱業の発展のため、開催の記録を後世に残していこうと考えております。

国際資源ビジネスサミット
(Japan Sustainable Mining, Investment & Technology business forum 2013)

2013年2月5日nws
JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、経済産業省が
本年5月18日に開催を予定している「日アフリカ資源大臣会合」に合わせ、
本邦企業によるアフリカ等への鉱業投資の促進および我が国の最先端技術と
資源開発分野とのビジネスマッチングを目的とした、
日本で初となる鉱業大会「国際資源ビジネスサミット
(通称:J-SUMIT;Japan Sustainable Mining, Investment and
Technology business forum 2013)」を
経済産業省との共催により、5月16日と17日の両日に
わたりザ・プリンス パークタワー東京にて開催します。
J-SUMIT には、南部アフリカ各国の鉱山大臣、資源メジャーおよび
国内メーカーを含めた各分野の関係者の参加が予定されており、
各国鉱山大臣による最近の鉱業事情の紹介をはじめ、資源メジャーや
アフリカで探鉱を行っているジュニア企業による活動状況の最新情報を
入手できるほか、異業種・異分野も含めた本邦企業の資源開発に
関連する最先端技術に触れることもできます。
お申込みについては、下記の専用ウェブサイトにて受け付けていますので、
多数の皆様の参加をお待ちしております!
記事参照元:http://www.jogmec.go.jp/news/release/release0466.html

J-SUMIT開催詳細

日時:2013年5月16日(木)、17日(金)
場所:ザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区芝公園4-8-1)
主催:経済産業省、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)



February 5, 2013
JOGMEC (headquarters: Minato-ku, Tokyo, chairman-of-the-board-of-directors:Hirofumi Kono),
The Ministry of Economy, Trade and Industry unites with "a day African resource minister meeting"
which is scheduling holding for May 18, this year,
It aimed at promotion of the mineral investment to Africa by this country company, etc.,
and business matching with the leading-edge technology of our country,
and the resources development field,
The mining convention "international resource
business summit (common name: J-SUMIT;Japan Sustainable Mining, Investment andTechnology business forum 2013)"
which becomes the first in Japan By cosponsorship with the Ministry of Economy,
Trade and Industry, the both days on May 16 and the 17th are covered, and he is the prince.
It holds in the park tower east capital.
Participation of the persons concerned of each field which included the mining minister,
the resource majors, and the home manufacturer of each country in Southern Africa in J-SUMIT is planned,
Introduction of the latest mining situation by the mining minister of each country is begun,
the latest information on the activity condition by the junior company
which is prospecting in resource majors or Africa can be obtained,
and also the leading-edge technology relevant to resources development of
this country company also including cross-industrial and a different field can also be touched.
Since it is receiving about the application on the following exclusive website,
I am waiting for much of your participation!
Report reference origin: http://www.jogmec.go.jp/news/release/release0466.html

Details of J-SUMIT holding

Time: May 16 (Thurs.), 2013, 17 (Fri.) Place: The prince The park tower east capital (4-8-1, Shiba-Koen, Minato-ku, Tokyo) Sponsorship: The Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan Oil, Gas and Metals National Corporation (JOGMEC)

東京都・愛知県・大阪府

日本の3大都市圏といえば、東京圏、大阪圏、名古屋圏です。
東京圏の中心都市は東京都区部、大阪圏は大阪市、名古屋圏は名古屋市です。
名古屋市は愛知県にあります。時々間違える方がいるそうです。
名古屋の印象が強すぎて、愛知の影が薄くなっています。
大正時代の頃の人口の多い順番では、
東京市・大阪市・神戸市・京都市・名古屋市・横浜市と
名古屋市はずいぶん人口が少なかった。
しかし、関東大震災が大正12年(1923年)9月1日に発生
したのをきっかけとして、東京市と横浜市から外へ移住する
し、名古屋市・大阪市への移住が多くなり人口が増えた。
また、大阪市は近隣町村郡を編入したことにより、激増した。
その後、東京市も、町村郡を編入し、東京圏と大阪圏、名古屋圏が
人口の多いトップ3となりました。
ただ、市町村で見ると、人口の順でいうと、
横浜市・大阪市・名古屋市の順になります。
東京市はまわりを合わせて、東京圏となって
初めて人口でトップとなれるのです。